南満州鉄道パシナ型蒸気機関車

作者 / 投稿者
M_Kasumi /
カテゴリ
Pak128.Japan 鉄道車両 CC BY-NC-SA
説明
南満州鉄道は、1906年に当時の満州国において日本によって設立された鉄道会社で、歴史の教科書にも必ず登場します。
パシナ型は、その看板特急である「あじあ号」用に開発された牽引機です。蒸気機関車でありながら、大連と哈爾濱の間を130km/hで運行していました。
オバケみたいなスペックであるため、かなり燃費が悪いです(スペック等はWikipediaを鵜呑みにしています)。
かなり古い車両であるため、少ない資料から制作しました。間違い等が多い可能性がありますので、気になる方は修正してお使いください。

※こちらのアドオンが正常に動作するためには、本体のバージョンが120.2以上である必要があります。
掲載許可
この記事は作者の許可を得てまたは作者自身により掲載しています。
掲載先URL
https://atelier.kasu.me/simutrans/mk_pashina.zip
投稿者: M_Kasumi
投稿日時: 2020/07/09 11:40, 最終更新: 2020/07/09 21:43